2016年7月アーカイブ

 平成28年度JA新潟みらい「小学校高学年総合学習支援事業」として、真砂小学校5年生の子どもたちに、JA新潟みらいの職員の皆様から、食育の出前授業をしていただいています。
 出前授業では、「食料自給率」や「地産地消」について分かりやすく説明していただいたり、教材園で大豆の育て方を教えていただいたりして、子どもたちにとって、とても貴重な学習となっています。その事業の一環として、7月20日は、全校の子どもたちが、「オール新潟市内産献立」の給食を味わわせていただきました。当日のメニューは、ごはん、夏野菜汁、白根ポークのごま味噌あえ、キュウリの甘辛、すいか、牛乳でした。使われている食材は、ごはん(新潟市産)、なす(南区産)、じゃがいも(西区産)、にんじん(南区産)、たまねぎ(西区産)、ゴボウ(江南区産)、豚肉(南区産)、きゅうり(南区産)、すいか(西区産)、牛乳(新潟県産)でした。身近な地域でとれた豊かな食材が給食となり、子どもたちは、興味をもって、おいしそうに食べていました。 これから、5年生は、自分たちが育てている大豆を収穫したり、地元のJAの方を講師にお招きして調理実習をしたりして、日本型食生活の大切さと調理の楽しさを学ぶ予定です。

s-28.07.20給食画像.jpg

2年 着衣水泳

 7月20日(水)、ダッシュスイミングスクール新潟の先生を講師におむかえし、着衣水泳の指導をしていただきました。はじめに、服を着て水の中に入ると、水着とは違って重さがあって泳ぎにくいことを体感しました。その後、おぼれた時は、力を抜いて大の字で浮くこと、その次は、服に空気を入れて浮くことを教えてもらいました。服に空気を入れることは、子どもたちには難しくて、何度も挑戦していました。最後は、ペットボトルをおなかにしっかりとつけて浮く練習をしました。「誰が最後まで浮くことができるか挑戦しよう!」と言われ、何分も浮いて頑張っている子がいました。

 講師の先生に「おぼれる状況にならないように気を付けることが一番大切だけど、もしおぼれたときは今日学習したことを思い出しましょう。」と言われ、子どもたちは自分の命を大切にしようと真剣に話を聞いていました。

s-DSCN1122.jpg

劇や読書ビンゴで大活躍だった図書委員会

 7月12日(火)の児童朝会で、図書委員会は「ももたろう」の劇をしました。1か月前から、道具や衣装の準備、セリフの暗記をし始め、2週間前からは、一日おきに全員で集まって練習をしました。劇のあと、みんなが一つのことをやりとげた達成感で、とても晴れ晴れとしたステキな笑顔になっていたのが印象的でした。

 読書ビンゴも、しおりやくじを作ったり、「ぞうが出てくる本はどこ?」「ここだよ」などと教えてあげたり、本当に大活躍の図書委員会でした。

 真砂小学校の図書館は、夏休み中も開館日があります。涼しい図書館をたくさん活用してください。(開館日は、学校からのおたよりでお知らせしています。)

s-DSCN1099候補1.jpg

 子どもたちが楽しみにしている夏休みが、間近に迫りました。子どもたちのあいさつがあふれる地域にすることを目指して、7月11日から、五十嵐中学校・五十嵐小学校・真砂小学校の三校合同で「あいさつ運動」を実施しています。
 13日は、真砂小学校の卒業生である五十嵐中学校2~3年生の12名の生徒さんから真砂小学校の児童玄関前に立ってもらいました。中学生のお兄さん、お姉さんと真砂小学校のボランティア委員会の子どもたちが一緒になって、登校してくる子どもたちに「おはようございます」と元気よく声掛けをしました。(上の写真)
 この日のために、真砂小学校のボランティア委員会では、「あいさつのゲート」をつくりました。黄色いゲートに「ここを通ると1日が始まるよ」と書いてあります。真砂小学校では、「おはよう」のあいさつで、さわやかに1日をスタートすることができていると思います。6月には、「児童学校サポート活動」の一つとして、PTAの皆さんからもあいさつ運動に加わっていただきました。(下の写真)夏休み中も、大人と子どもたちが一緒にあいさつを交わし合い、地域があいさつであふれ、元気になってほしいと願っています。

s-写真上.jpg

s-写真下.jpg

すなやつちとなかよし 1年生校外学習

 7月4日(月)に一年生全員で小針浜海水浴場へ校外学習に行きました。図工の「すなやつちとなかよし」という単元で,砂と水を使って自分の作品を班ごとに作りました。みんなで協力しながら大きな砂山にトンネルを掘ったり,長い河を作ったり,楽しく賑やかに活動しました。

s-DSCF6782.jpg

食育出前授業 5年総合

 75日(火)の12時間目にJAみらいさんの食育出前授業が行われました。買い物ゲームを通して、食料自給率や地産地消について勉強しました。最後には、食料自給率をあげるために自分たちには何ができるか考え、「好き嫌いをしないで残さず食べる」「お米をたくさん食べる」など11人がワンアクション宣言しました。

s-DSCN0800.jpg

真砂リトルファイヤースクール

6月30日(木)に、西消防署の方々が"リトルファイヤースクール"という消防の体験授業をしてくださいました。4年生の子どもたちは、普段できないような貴重な体験をたくさんさせていただき、消防への知識を深めました。体験を通して、火事が起きたときどのように対応するのか,自分たちには何ができるのかを、学ぶことができました。

s-DSCF5242.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。