2016年1月アーカイブ

雪ニモ負ケズ

 厳しい寒さが続いています。雪が積もり、真砂小学校の中庭やグラウンドは、一面の銀世界となりました。中庭では、1年生が生活科の学習で、元気いっぱい「雪遊び」をしていました。しばらく立つと、中庭には、1年生がグループの友達と力を合わせてつくった雪だるまさんたちが登場しました。上学年の子どもたちも、楽しそうに雪と戯れる1年生をうらやましそうに見ていました。もちろん昼休みには、たくさんの子どもたちが、中庭で雪遊びを楽しんでいました。市内の学校では、インフルエンザが猛威をふるっています。うがい・手洗いなど予防に努め、インフルエンザが「去る(さる)」年になることを願っています。

s-IMG_3197.jpg

キャリア教育(6学年)

 6年生では、年明けからキャリア教育の一環として、様々な職種の方から直接お話を聞く機会を設けています。先日は、新潟製菓・調理師専門学校「えぷろん」の方が来校してくださり、子どもたちに実演も交えてお話をしてくださいました。プロの手により、目の前でどんどん形になっていく飴細工の様子を、子どもたちは目を輝かせて見ていました。将来はパティシエを目指したい。新たにそんな夢をもった子もいたのではないでしょうか。

s-DSCF4440.jpg

平成28年 初「あいさつ運動」

 寒に入り、寒さが厳しい日が続いています。ここのところ数日は、雪が降っていますが、真砂小学校の玄関では、明るく元気な朝のあいさつが響いています。1月の生活のめあては、「だれにでも 心をこめて あいさつや返事をしよう」です。
 このめあてを実現しようと、1月8日の全校朝会で、ボランティア委員会の子どもたちが、「あいさつ運動」のPRをしました。ステージ上に立ち、「元気よくあいさつを返してもらうと、うれしい」「自分の方に目を合わせてあいさつをしてもらえると、うれしい。」などという気持ちを全校児童に向けて伝えました。1月は、12日~16日まで、「あいさつ運動」を続けます。

s-DSCF3074.jpg

気持ちのよい傘立てです。

 冬になって、身に付ける防寒具が多くなりました。厚いコートやオーバーズボン、毛糸の帽子やマフラー、手袋、長靴・・・。とくに雨や雪の日は、さらに傘もあり、学校への坂道を下ってくる子どもたちは、とても大変そうです。でも、感心なことに、児童玄関では、ランドセルや長靴や傘についた雪をしっかりと払って中に入ります。傘は、きちんとしばって、まっすぐに立てて、「傘立て」に入れています。中には、手袋を外して、真っ赤な手で傘をまるめてしばっている子どももいます。
 みんなで使うものは、一人一人のちょっとした心がけでとても気持ちよく使えます。傘が絡み合って取り出しにくくなったり、壊れたりすることも少なくなります。ボランティア委員会の子どもたちの声掛けも、とても効果があります。気持ちのよい傘立ては、真砂小学校の自慢です。

s-IMG_3138.jpg

このアーカイブについて

このページには、2016年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年12月です。

次のアーカイブは2016年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。