2019年1月アーカイブ

1年生がむかしのあそびをたのしみました

 2.3時間目に生活科の勉強として「むかしあそびを楽しむ会」が開かれました。今回もたくさんのボランティアさんが来てくださり,とても楽しい会になりました。「けん玉」「こま回し」「カルタとり」「竹馬」「あやとり」「おはじき」「竹とんぼ」等々,昔ながらの伝統的な遊びに子どもたちは,大喜びでした。生まれた時からデジタルおもちゃで遊ぶ子どもたちですが,こうして楽しそうに遊んでいる姿を見ると古い人間の私は,なぜかうれしくなります。

 写真を8枚アップします。子どもたちの楽しんでいる様子が伝われば幸いです。

DSCN3040.jpg DSCN3038.jpg DSCN3034.jpg DSCN3025.jpg

DSCN3017.jpg DSCN3030.jpg DSCN3015.jpg DSCN3023.jpg

これってハンドパワー?

 3年生教室の前を通ると,何やら磁石を使って勉強している様子。磁石に釘をつける実験をしていました。磁石に釘が連なってくっつくのは実験済みですが,磁石から釘を離しても,連なった釘は下に落ちません。あら不思議。子どもの反応は,良いですね。すかさず,「ハンドパワーだ!」

 さて,これってハンドパワーでしたっけ?それとも手が磁石になった・・・・? さらに学習は続きます。

DSCN3008.jpg DSCN3009.jpg DSCN3010.jpg DSCN3012.jpg

篠笛奏者の特別授業

 3時間目に新潟で活躍されているプロの篠笛(しのぶえ)奏者,渡辺百枝様からお越しいただき,5年生に特別授業をしていただきました。「篠笛」というと,夏祭りの山車の上で演奏する人を見るくらいで,どちらかと言えば馴染みの薄い楽器でしたが,今日は,その良さを十分堪能させていただきました。私は,日本の楽器だから日本の伝統的な音楽しか演奏できないのかと思っていましたが,全然違っていて,西洋音階がすべて出せるのだそうです。授業では,お祭りのように太鼓と合奏(って言うのかな?)したり,子どもたちがよく知っている曲や今流行している曲を演奏したりしてくださいました。途中,子どもたちの質問にも答えていただきました。お聞きすると,小学校4年生で初めて篠笛を始められたとのこと。5年生の子どもたちの中にも,地域のお祭りで吹いてる子もいました。もしかして将来は・・・!

 最後は,実際に笛を吹かせていただくなど,子どもたちはとても貴重な体験をすることができました。

DSCN2969.jpg DSCN2971.jpg DSCN2987.jpg DSCN2994.jpg

雪の結晶が見えるかなぁ

 週末降り積もった雪がゆうちゃん広場をきれいな雪原に変えてくれました。今日の午前中は,お天気が良く,それに誘われるように1年生がゆうちゃん広場に出て活動をしていました。みんな下を向いているのは,落としたコンタクトレンズを探しているわけではありません。みんな雪の結晶を見ようとがんばっているのです。さあ,雪の結晶は見えたのでしょうか・・・・。それにしても,子どもがいる雪景色ってどうしてこんなにきれいなのでしょう。

DSCN2965.jpg DSCN2962.jpg DSCN2961.jpg DSCN2959.jpg

3.4年生合同「朝日の森」学習会

 6時間目に「朝日の森の会」の方々をお招きしての学習会がありました。3.4年生は,春からいろいろな形で朝日の森と関わってきましたが,今日の学習会では,森の会の方のお話を聞きながら,1年間の活動を振り返りを行いました。子どもたちは,森の会の方のお話を熱心に聞き,一生懸命にメモをとっていました。私は,いつも「金津小学校は,いろいろな面で本当に恵まれた環境にあるなぁ」と思っています。また,この地域の良さを子どもたちに理解してもらいたいとも思っています。その思いは,森の会の方々も同様です。そういう意味でも「朝日の森」は,金津小学校の教育には無くてはならない存在となっています。

DSCN2944.jpg DSCN2954.jpg DSCN2956.jpg DSCN2950.jpg

6年2組の子どもたちの要望は・・・

 朝,担任から,子どもたちが「校長先生にお願いしたいこと」をプレゼンテーションにしたので聞いてあげてほしいという要望がありました。国語の勉強の一つとして取り組んでいるとのことです。私の答えは,もちろんOK!。喜んで聞かせてもらうことにしました。5時間目に4つのグループが校長室を訪れ,自分たちが作った資料をもとに自分たちの要望事項をプレゼンしてくれました。偶然にも,朝日の森の会の方々がいらっしゃったので一緒に聞いていただきました。それぞれのグループのテーマは,「体育館にも暖房を」「チャイムが鳴るといかによいか」「学校にもエアコンが必要」「校門の前に街灯が必要」です。どれも自分たちの生活の中から見つけたテーマです。一つ一つのプレゼンの内容については,ここでは省略しますが,どのプレゼンも,①データをもとに主張している。②主張が明快である。③説得力があるなど大変優れたものばかりでした。4つの要求のうち私の力で可能なものは,今後検討したいと思っています。彼らの主張に「脱帽!」。良い学びをしていますね。

DSCN2932.jpg DSCN2935.jpg DSCN2938.jpg DSCN2942.jpg

代表委員会

 今,6年生は入学説明会に出るために中学校へ行っています。そのタイミングで・・・というわけでもありませんが,昼休みに代表委員会が開かれました。今回は,5年生が中心となって議事進行をしました。5年生にとっては,代表委員会進行デビューです。議題は,来月行われる「6年生を送る会」についてです。活発な意見交換を期待したのですが,どこかの国の議会のように特に質問も意見も出ないままに終わってしまいました。ちょっぴり物足りない気もしましたが,まあ,今後に期待ということで・・。さて今年の「6年生を送る会」は,どんな会になるのかな。楽しみです。

DSCN2921.jpg DSCN2925.jpg DSCN2926.jpg DSCN2927.jpg

給食ビンゴラリー

 1月24日は,国が定めた「学校給食記念日」です。例年,この前後になるとどこの学校でも給食にまつわるイベントや活動が行われます。わが校もその例外ではありません。今日は,給食委員会が計画してくれた「給食ビンゴウォークラリー」が,ロング昼休みの後半に行われました。この活動は,給食や食べ物に関するクイズを楽しむことで給食を作ってくださる人に感謝したり食べ物について考えたりすることをねらって行われました。子どもたちは,縦割り班ごとに給食委員会が設置してくれたポイントを回りクイズに答えていました。食べ物や給食に対する感謝の気持ちは,普段の生活では,あまり感じないものですが,これを機会にそれらについて改めて考えてみたいものですね。

DSCN2906.jpg DSCN2907.jpg DSCN2912.jpg DSCN2915.jpg

今日は先生が勉強する日

 今日は,教育委員会の指導主事が学校を訪問して,教員を直接指導する「指導主事訪問」がありました。わが校の教員はベテラン揃いですので,こういう訪問者も不安無く迎えることができます。子どもたちはと言えば,いつもと変わらず一生懸命勉強していました。決して「よそ行き」みたいにならないのが,金津っ子の良いところかもしれません。指導主事からは,たくさんのお褒めの言葉をいただきました。よかった、よかった。

DSCN2887.jpg DSCN2891.jpg DSCN2895.jpg DSCN2894.jpg

DSCN2900.jpg DSCN2899.jpg DSCN2902.jpg DSCN2905.jpg

体を使って音程をとる

 音楽室からきれいな歌声が聞こえてきたので,思わず引き込まれて見に行くと,6年1組が合唱曲のハミングパートの勉強をしていました。一般的に歌は,高い音になると正しい音程をとりにくくなるものですが,子どもたちは,膝を曲げたり伸ばしたりしながら体を使って正確な音をキャッチしようとがんばっていました。また,「学年が上になるにつれて子どもはうたわなくなる」などとも言われますが,6年1組の子どもたちは,ほとんどの子が楽しそうにうたっていました。これが中学校の合唱コンクールにつながるんですね。

DSCN2882.jpg DSCN2879.jpg DSCN2884.jpg DSCN2885.jpg

冬の低学年体育といえばやっぱりこれですね

 冬の体育館は,ものすごく冷え冷えとしています。そんな体育館で2年生が元気に運動していました。メインの学習は,なわとびですが,体を温めるための準備運動も兼ねて「手つなぎ鬼」をしていました。時代がどんどん進んで,子どもの遊びは,昔と大きく変わりましたが,鬼ごっこは,今でも子どもが大好きな遊びです。今日は,学生ボランティアのお姉さん先生も加わってより一層楽しく手つなぎおにをしていました。

 「鬼ごっこ」をただの「遊び」とあなどるなかれ。運動としての意味や価値はいっぱいなのですよ。

DSCN2872.jpg DSCN2874.jpg DSCN2873.jpg DSCN2875.jpg

感想を伝え合おう

 4年生が「詩」の学習のまとめとして,創作作品の感想を伝え合う活動をしていました。作品を読み合い,三つの視点(「どのように感じたか」「どの部分がよかったか」「書き方が工夫されているところはどこか」)にそって気付いたことを付箋紙に書いて張り,読み合っていました。ただ「感想を言いなさい」と言われても,それは大人でも難しいと思いますが,具体的な視点(観点)を与えられることで考えやすくなります。一番右の写真は,感想を交流したあとで全体に向かって自分の考えを述べているところです。

DSCN2866.jpg DSCN2864.jpg DSCN2865.jpg DSCN2867.jpg

冬のあいさつ運動実施中

 先に文書でもお伝えしましたが,昨日から「あいさつ運動」を実施しています。今回は,縦割り班の活動として取り組んでいます。各班のメンバーが,児童玄関,多目的室前,音楽室前などに分かれて立ち,あいさつを交わしたりハイタッチをしたりします。校舎内での活動とはいえ,朝は底冷えします。でも,子どもたちは,がんばって立っています。

 「子どもたちのあいさつが良い」ということは,地域の皆様,保護者の皆様,そして教職員の共通の願いです。しかし,現実はというと・・・・・・。粘り強く取り組まねばなりません。

DSCN2863.jpg DSCN2837.jpg DSCN2860.jpg DSCN2858.jpg

低学年の新しい版画指導

 3.4時間目に1年1組の図工の授業を見てきました。この時間のテーマは,「ころころ ぺったん しゃかしゃか」。これだけ見ると何のことかわかりませんが,担任に聞くと,ローラーや野菜の切り口を使った新しい版画作品なのだそうです。子どもたちは,ローラーや切った野菜を上手に使い,楽しそうに思い思いの模様や形を白い紙の上に描いていました。さて,一体どんな作品に仕上がるのでしょう。楽しみですね。

DSCN2845.jpg DSCN2847.jpg DSCN2848.jpg

DSCN2851.jpg DSCN2852.jpg DSCN2846.jpg

溶けたアルミニウムはどうなった?

 3限に6年2組の理科の実験の様子をのぞきに行きました。子どもたちは前の時間に塩酸と水酸化ナトリウムにアルミニウム(実験で使ったのはアルミホイル)を入れて溶ける様子を観察しています。今日はその続きで,塩酸に溶けたアルミニウムは消えて無くなってしまったのかどうかを実験で確かめるという勉強でした。安全のために全員実験用ゴーグルで目をガードして準備OK。アルミが溶けた塩酸とただの塩酸とを蒸発皿にとり,アルコールランプで温めてみるという実験に取りかかりました。子どもたちは,ぎこちなさげにマッチでアルコールランプに火をつけ,その様子を顔を近付けて観察していました。すると・・・・!さあ,何が出てきたでしょう。保護者の皆様わかります?

DSCN2819.jpg DSCN2823.jpg DSCN2828.jpg DSCN2829.jpg

英語で福笑い?

 福笑いといえば,日本の伝統的なお正月の遊びですが,英語の指導にも応用できます。5時間目に3年生が福笑いを使って顔のパーツの英語名を覚えたり,方向を示す言葉(上下左右)の使い方を学んだりしました。近頃の子どもたちは,あまりこういう遊びをしないようで,子どもたちは大喜びでした。教室中,あちらこちらで爆笑の連続でした。こいつぁ春から縁起がいい・・・・?

DSCN2804.jpg DSCN2803.jpg DSCN2808.jpg DSCN2818.jpg

雪やこんこ

 今年最初の本格的な雪です。学校のまわりもすっかり雪景色。新潟の冬らしくなってきました。雪は,とってもきれいですが,私は暖かい部屋から眺めるだけで十分満足です。でも,子どもは違います。休み時間になると2年生が早速ゆうちゃん広場に出て,雪とたわむれていました。この姿は,時代が変わっても変わりませんね。見ていてなぜかホッします。

DSCN2786.jpg DSCN2788.jpg DSCN2779.jpg

DSCN2789.jpg DSCN2791.jpg DSCN2778.jpg

あけましておめでとうございます

 冬休みも無事終了し,今日から学校が再開しました。風邪などで数名の欠席があったものの,登校した子どもたちの様子を見るとみんな元気そうでした。朝清掃~短い学活の後で今年最初の全校朝会がありました。全校朝会で,私からは子どもたちに「夢」をテーマにお話しました。続いて生活指導担当が,1月の生活のめあて「明るく元気にあいさつしよう」についてと「冬休みの遊び方」についてそれぞれ指導をしました。ふくちゃんは,全校朝会には出ていませんが,元気そうなので登場してもらいました。「今年はボクの年じゃないけどきっと良い年になりますよ」とその目が語っているようです。おそくなりましたが,ふくちゃんともども,本年もよろしくお願いいたします。

DSCN2763.jpg DSCN2768.jpg DSCN2773.jpg DSCN2774.jpg