子どもの体験型安全教室 ~1年生~

1年生が参加する体験型の安全教室が行われました。

危険な場面に遭遇したときどうやって回避するのかを実際に体験しながら学ぶのが目的です。

当日はまず、新潟市市民生活課の指導者の方が、紙芝居などで「自分を守る4つのアイテム」について教えてくださいました。

ちなみに,「4つのアイテム」とは、次を言います。

①自分の風船(パーソナルスペース)、②防犯ブザー、③口のブザー、④ノー・ランドセル(ランドセルを置いて逃げる)

続いて、実際に不審者が現れたときの回避の実際を体育館で体験しました。

不審者に声を掛けられたら,

281028_2_ (2).JPG

大きな声を出して,ランドセルを放り出し,

281028_2_ (4).JPG

281028_2_ (5).JPG

近くの大人や商店に向かって走ります。

281028_2_ (9).JPG

自分の身を自分で守る「自助」について学んだ,大切な時間となりました。