確かに階段を昇る,そして前期終了

先日,2年生が中庭に植えた芋掘りに挑戦しました。

281003 (2).JPG

281003 (3).JPG

芋を収穫するために,芋掘りに臨んでいるのではありません。

芋を植え,その成長に一喜一憂し,もっとうまく育てるための作戦を構想し,その記録を残し・・・,

そんな一連の活動を通して,子どもたちは「考える力」を伸ばし,「大人への階段」を昇っていく。

その終着点として,芋掘りというけじめのイベントがある。

これが,芋掘りの意味・価値だと私たちは考えるのです。

281003 (4).JPG

今日,10月7日は,前期の終業式でした。

ここまでおよそ100日,授業時間でいえば450~500時間,子どもたちは大人への階段を着実に昇っていきました。

成長の足跡は通知表に示しました。どうぞご覧ください。

そして,成長を認め,大いにほめてあげてください。

来週から,後期の100日が始まります。

私たちもギアチェンジをし,子どもたちの力を一層高めていくよう務めます。

後期もよろしくお願いいたします。